歯周病

歯科疾患と口腔疾患 | 口の中の病気リスト

歯周病 - 歯科疾患

口腔内で増殖した悪玉菌は歯だけではなく歯茎などにも悪影響を及ぼします。

悪玉菌が歯茎に感染し炎症を起こすと、歯茎から血が出る、歯茎が腫れる、口臭が強くなるといった歯周病の症状が表れ、放っておき悪化すると歯周ポケットがどんどん深くなり、歯を支える骨である歯槽骨が溶けてしまうこともあります。

歯槽骨が溶ければ歯が支えられないのでやがて抜けてしまったり、抜かなければならなくなってしまったりすることもあるので、歯周病は早めのケア、早めの治療を心掛け、自分の歯を守ることを考えましょう。

歯については比較的念入りに磨いても、歯周病の元となる歯周ポケットにまでいつも注意を払うという方は少ないようです。

歯周病は、歯周ポケットと呼ばれる、歯ブラシでは届きにくい歯と歯茎の間の部分に溜まった汚れから悪玉菌が増殖してしまうことで炎症を起こします。

歯茎が腫れると言っても初期では痛みを感じることは少なく、ムズムズとした違和感を持つ方が多いようです。

代表的な症状は歯茎から血が出ること、歯茎が赤く腫れて見えること。

「そんなことよくあるよ。みんなそんなもんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。確かに、成人で歯周病を患っている方はとても多く、実に8割もの人がかかる国民病だと言われています。

歯周病は歯だけではなく、歯周ポケットから菌が体内に侵入することで動脈硬化や心筋梗塞など心血管系の疾患を引き起こすこともあります。

血管を通して体内へダイレクトに悪玉菌が侵入してしまうのはとても恐ろしいことなのです。

歯周病というトラブルがあれば誰しもが全身疾患に見舞われるというわけではないでしょうが、歯周病を患っていれば誰もが思わぬ病気を引き起こしてしまう可能性を持っているということ。

口内に弱点を作るということは、そこから細菌が全身に巡る可能性があるということ。

口は頻繁に食べ物が入り、空気が通る場所ですから、とてもリスクが高く、よく働かなくてはならない、考えてみればとても大事な器官なのではないでしょうか。

そんな器官だからこそ、私たちはいつも念入りにケアして、守らなければなりません。

歯周病はブラッシングの改善か歯科医での治療をしなければどんどん進行してしまいますので、歯茎から血が出る、腫れている気がするという方は、まずは歯科医に相談、正しいブラッシングを教わり、歯周ポケットの歯垢の除去をしてもらいましょう。

そして何より大切なのは、その後も地道なケアを継続すること。これがとても難しいことだと思います。

私たちにはほとんど固定された食習慣があるように、食事に付き物の歯のケアの面でも、どうしても習慣による癖が出てしまいます。

正しいブラッシングを習慣化するのは大変難しいことですので、しっかり身に付くまでは鏡を使って口の中をよく確認しながら磨く、適当な磨き方にならないよう決まった時間をかけてゆっくり磨くことなどを目標に、歯周ポケットのケアが自然になるようにしてはどうでしょうか。

また、ただブラッシングをするというだけではなく、やはり口内フローラについて注意を払うことも大切です。

極端なことを言えば、口の中に悪玉菌がいなければ、虫歯にも歯周病にもならないということになります。歯のトラブルは歯を失う危険性を伴うのでそれだけでも深刻ですが、その実は口内の細菌バランスの悪化こそが問題と言えます。

しかし、実際にいつも悪玉菌がゼロであるなんてありえないので、私たちはいつも口腔内の細菌のバランスを取ることを意識しなければなりません。

正しいブラッシングもそうですが、だらだらと間食はしてないか、口内が不潔な時間が長くないかと言った食生活についても見直す必要がある方は見直してみると口腔ケアがずっと楽になるかもしれません。

歯科疾患

口腔疾患