口臭

歯科疾患と口腔疾患 | 口の中の病気リスト

口臭 - 口腔疾患

口臭も、私たちが普段の生活で悩まされる要因となるものです。

誰かと話をするときに気になってしまいますし、自分の口が臭いんじゃないかと思うとふさぎ込んでしまいたくもなります。当然、お仕事にも影響があるはずです。

また、なかなか自分では気づけないというのも口臭の恐ろしいところ。中には嗅覚疲労と言って、あまりに身近なにおいであるために、自分のにおいに鈍感になってしまっているというケースもあります。

もし慢性的に強い口臭を持っていても自分の感覚は信用できない。人もそう簡単に指摘してくれるわけでもない。

いつも自信を持って人と接するためには、口臭を知り、ケアを心がけることが大事です。

自分で口臭に気付ける機会はあまり多くありません。自分で気付けるとすれば、臭いの強い食事を取ったときや、コーヒーやタバコを嗜んだあとなど、当然においがつくだろうものを口にしたときくらいでしょうか。

もしくは、胃が荒れているなど、自分で体調不良を感じる日であればその日が特殊なだけですからいつもと違う口臭にも気づけるかもしれません。

しかし多くの場合は自分で気付くことができません。

だから口臭を予防するために気にかけてほしいのは、まず口の中が清潔であるかどうかです。特に舌の色を確認して、表面に舌苔と呼ばれる白いもの、黄色っぽいものが多くついていないかを確認します。

舌が汚いのでしたら、舌専用のブラシなどを使って、こまめに(でも傷つけないよう優しく)ケアする癖をつけると良いでしょう。

また、口の中では、唾液による浄化作用が働いているので、乾燥していないかどうかに気を配るのも、口臭に気を配ることに繋がります。

唾液が出ることで、口内のphを正常な値に保ち、汚れを消化し、悪玉菌が増えにくい状況を作り出しているのです。

起き掛けの口は臭いと言いますが、寝ている間は唾液の分泌量が少なく、自浄作用が働きにくいために細菌が増殖しているからだという事情があり、少なからず誰でも起き掛けの口は不潔なものです。

起き掛けの口臭を軽減するためには、夜寝る前の口腔ケアをしっかり行うことなどがコツとして挙げられますが、朝の口が清潔でないのは生理的な要因によって起こることなので、起きたらすぐに口をゆすぎ、歯を磨くことを意識すればあまり気にかける必要はないのではないでしょうか。

重要なのは、唾液が減少することで口腔内が不潔な状態になりやすく、口臭の原因になることがあるということ。

当然、口腔内が不潔な状態であれば虫歯や歯周病の原因にもなり、それが原因で口臭がするということもあります。唾液が減ると虫歯や歯周病になりやすく、虫歯や歯周病は口臭の原因になる。だから唾液のコントロールはとても大切です。

唾液が減少する理由には睡眠だけでなく、ホルモンバランスの変化、緊張や疲労など精神的なストレス、口呼吸などによるドライマウス、空腹などが挙げられます。

口臭には気付きにくいかもしれませんが、口の中が潤っているかどうかは自分でも分かるはずですから、もし乾いているなと思ったらガムを噛むなどの工夫をして、悪玉菌が増えやすい環境を作らないようにしましょう。

しかし、中には自分の口臭を気にし過ぎるという方もいます。

自分の息は臭いのではないか、誰かに迷惑をかけているのではないかと過剰に気にして、思い込んでしまうのです。

実際には気にする必要がないのに、口臭を気にして口を開けないという状況は精神衛生上よくありません。

この場合、専門は心療内科になると思いますが、やはり積極的な治療が必要になります。

とは言え心理的な原因による口臭であればなおさらその実態を掴むのは難しいところ。自分では口が臭いと信じ込んでしまっているので、人が本当のことを言ってくれないと感じてしまうのです。

世の中には、口臭外来というところもあります。口臭が気になってしょうがないという方は、実際に口臭があっても、なくても、まずは客観的に様子を知るために、専門のお医者さんに相談してみてはいかがでしょうか。

歯科疾患

口腔疾患