虫歯(う蝕)

歯科疾患と口腔疾患 | 口の中の病気リスト

虫歯(う蝕) - 歯科疾患

口腔内で増える悪玉菌の影響の中で、私たちにとって身近で、いつも心配になるのは「虫歯」ではないでしょうか。

正式には「う蝕」と言いますが、虫歯と通称で呼ばれることが多いのは、それだけ私たちに身近な口腔トラブルだということの表れかもしれません。

虫歯を引き起こす悪玉菌は、口の中に残っている細かな食べカスを餌にエネルギーとし、代謝物としてある酸を放出し、歯の表面、エナメル質というところを溶かしてしまいます。

この作用が進んだものがいわゆる虫歯ですが、目立つ食べカスはなくても、悪玉菌にとって口の中にある糖分やでんぷん質は餌になり、口腔内に酸を出しますので、おやつや甘い飲み物をだらだらと食べ続けるのは虫歯の大きな原因になります。

しかし、悪玉菌が口の中にいるからと言って、甘いものを食べたからと言って、すぐに虫歯になるというわけではありませんよね。

再石灰化という言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが、口腔内が食事により酸性に偏ると、唾液が口腔内のPhをアルカリ性に戻し、このとき溶けた歯が修復されます。

口腔内の不潔やだらだらと続ける食事によって口の中のコンディションを整える作用のバランスが崩れ、口の中が歯を溶かす酸に占められる時間が長くなると、次第に歯のエナメル質が損なわれ、虫歯ということになるのです。

食べるときは食べる、そして食べないときはしっかり歯磨きをして悪玉菌の餌になるようなものはキレイに取り除いておく。こうしてメリハリをつけることで、口腔内で歯を溶かす酸が占める時間が少なくなり、虫歯になる確率を下げることができます。

歯磨きがうまくできなければ、悪玉菌が増え続けますし、歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌に食べかすと唾液が混ざってかたまったものが歯にこびり付きます。

歯垢自体が細菌のかたまりですので、それが悪玉菌の増殖源となり、虫歯という局所的なものだけにとどまらず、歯周病の発生の原因ともなります。

虫歯を防ぐためには、悪玉菌が増える原因となるものが口の中に残っていない状態を作ること、悪玉菌があっても増えすぎないように善玉菌が多い状態を作っておくことが理想です。

もちろん、歯垢があるならしっかり取り除くことが重要ですが、普段の磨き癖などが原因で歯垢が蓄積している可能性もありますので、歯垢を赤く染める薬剤を使ってよく確認しながら磨く、歯間をキレイにするためにフロスを使うなどの工夫をすることをおすすめします。

他にも家でできるケアと言えば、就寝時の菌の繁殖を抑えるデンタルリンスなどを使用するといった工夫も効果があります。

また、虫歯を引き起こす悪玉菌は寝ている間にとくに増殖しやすいですから、寝る前は特に念入りに口腔ケアをすることが重要。

そして何より私たちが疎かにしてしまいがちなのが、歯が痛いという訳ではなくても定期的に歯科医に歯を診てもらい、歯の様子を見てもらうことです。

歯医者は歯に問題が起きたら行くところと考えがちですが、歯や口のトラブルを起こさないように通うところでもあるのです。

正しいブラッシングを教えてもらうこと、磨けていない傾向がある箇所、つまり自分の口腔ケアの弱点を指摘してもらうことなどをすると完璧でしょう。

私たちにとって歯は大切だと分かっているのに、つい忙しいと歯磨きにかける時間が少なくなってしまったり、歯ブラシの交換をサボってしまったり、痛くなるまでは無頓着という風になりがちです。

虫歯が酷くなってから歯科医にかかったのでは、大変な時間と費用がかかります。

長く使うことになる歯ですから、日ごろからできるケアを徹底的に、そしてどうしても確認しきれない部分がある、どうしてもサボってしまうところがあると心得て、歯科医に相談しようとしてみることが重要です。

歯科疾患

口腔疾患