歯科疾患と口腔疾患

歯科疾患と口腔疾患 | 口の中の病気リスト

口内フローラと口腔ケア

私たちの口の中には約1000億個のもの多種多様な細菌が住んでいるといいます。

大きく善玉菌、悪玉菌、そのときに勢力が強い菌に変身してしまう日和見菌に分けることができるのですが、もちろん、正常で理想的な状態は善玉菌が多く、悪玉菌が限りなく少ない状態です。

口腔内に生息する細菌の集合体のことを口内フローラと呼びますが、口内フローラの勢力図は日々の口腔ケアの仕方や習慣によって大きく様変わりします。悪玉菌の勢力が大きくなってしまうと日和見菌も悪玉菌となって、一気に善玉菌が形勢不利になってしまいますので、たちまちのうちに口の中のコンディションが悪くなってしまいます。

しっかり歯磨きをしましょう、とは誰でも幼い頃からよく言われていたことだと思いますが、私たちの多くはこれを「口内の細菌バランスを正常に保つため」という意識では行っていなかったと思います。

「口内フローラ」という言葉が使われ始めたのもごく最近の話という印象で、私たちが無数の細菌と共生の関係にあるということを意識し始めたのも「腸内フローラ」のケアの重要性が知られるようになって以降なのではないでしょうか。

善玉菌は外から侵入しようとする細菌をやっつけたり、悪玉菌が増えるのを防いだりと、私たちにとって有益な働きをします。善玉菌が優位であれば、虫歯や歯周病の発症率も下がるでしょうし、仮に口腔内に傷ができたときなども、口内炎に発展することが少なくなるでしょう。できてもすぐに治ったり、痛みが少なくて済んだりするかもしれません。

口腔内が健康で清潔な状態というのは、菌がいない状態ではなく、善玉菌が優位に働いている状態のことなのです。しかし、外界との接触が激しい口腔内ですから、良い環境を維持するにはそれなりに小まめなケアをしなければなりません。

悪玉菌は、口の中で悪臭を放ち、虫歯、歯周病の原因となってしまいます。口臭という実生活に関わる問題、局所的な痛みを引き起こす問題だけでなく、悪玉菌は歯周病の歯茎や歯髄などに隙を見つけて血管に入り込み、全身に影響を及ぼす大きな病気を招く危険性すらあります。

骨の中に入れば骨髄炎、肺に感染すれば肺炎、血管内に大量に侵入してしまえば心筋梗塞や脳梗塞を起こすこともありえます。

口のトラブルは日常生活に支障を来すだけでなく、健康にまで大きな影響を与えます。ときには命の危険に関わることさえあります。口腔ケアはただ口の中をキレイにするというだけではなく、口の中の細菌バランスを整えるという意味合いがあります。

口の健康を損なうことで私たちの生活の質が著しく損なわれることもありますから、小まめな口腔ケアを怠らないようにして、いつも美味しくご飯を食べて、楽しく会話ができるようにしたいところです。

ここでは、口内フローラの乱れで起こりうる身近な症状、もしくは口内フローラの乱れを引き起こしかねない症状を中心に、口に関わるトラブルをまとめてみました。また、口内フローラとはあまり関係がなくても、大きく口に関わる身近な異変、食べたり話したりする私たちの日常の障害となりそうな症状についても触れています。

個別な症状だと思いがちですが、実は根本的な原因を探ると口内フローラのバランスの問題だったり、日々の口腔ケアや生活習慣の癖が問題だったりと、ひとつの原因から多岐に渡る症状が生まれるという構図があると思います。

例えば肩こり、肥満、便秘といった個別の症状が、運動不足の解消とともに改善されたりすることもあるように、「よく噛むこと」を心がけるだけで口のトラブルの多くを回避することができるというようなことです。

症状は様々ですが口の健康を守る方法はそれほど多くないかもしれません。各症状から、自分にはどんなことが必要か、何ができるかを考えるヒントになれば良いなと思います。

歯科疾患

口腔疾患